ゲートウェイFAX「帳票FAXサービス」とは

注文書や、受注書、支払明細書など、日々の業務で管理、出力される様々な帳票を自動でFAX送信するサービスです。
受発注業務で大量に発生する帳票をシステムと連携し自動でFAXを配信。
また、大規模な開発は不要のため、初期投資を最小限に抑えることがで、業務的に運用を支援します。
お客様から送信いただいたデータをもとに、指定のレイアウトに合わせて帳票を自動作成。
OpenText/エクスパダイトの配信システムを介して、貴社のお取引先会社へ一斉配信します。
配信結果は、EメールやFAXで自動的に報告。また、Web上でも確認できます。

帳票FAXの送信タイプ・仕様

課題 テンプレート登録方式 KEA 個別送信方式XIP Web Service方式
概要 予めテンプレートを登録し、CSVファイルで差し込み情報を送信。テンプレートに情報を反映し各宛先にFAXを送信する方式。 ヘッダ部分とFAX原稿をバイナリで合体させた独自形式。複数送信時の、宛先や差込情報に対応しています。 Webサービスとして広く用いられているAPIを使用して配信する送信タイプ。既存システムとの親和性が高く、自動化を目的とした開発が前提になります。
帳票作成 なし あり あり
データ転送方法 FTP FTP/SFTP/SMTP HTTPS
送信ファイル CSV XIP(独自ファイル) SOAP(XML)
FAX原稿データ内包方法 なし(フォーマット登録済) XIPファイル内Binaryで記載 SOAP形式内Base64
対応原稿サイズ A4/B4 A4/B4 A4/B4
セキュリティ PGP、VPN、専用機 PGP、VPN、専用機 標準でSSLを実装
配信結果レポート Email、FTP、FAX Email、FTP、FAX Email、API
再送信方法 Web又はJob再投入 Web又はJob再投入 API又はJob再投入