インターネットFAXサービス「OpenText Fax2mail」とは

OpenText Fax2Mailは法人向けに開発された、クラウド型の多機能インターネットFAXサービスです。
メールを使いファックスの送受信が行えるのはもちろん、充実した管理者機能を備え、企業向には
必用不可欠なFAX送受信時のセキュリティリスクを最小限に抑えることが可能です。
クラウドサービスのため、初期費用を抑えた導入が可能。
FAX送信時はFAX原稿をメールに添付して、メールの宛先に"FAX番号@fax2mail.com"に送信するだけ。
FAXの受信はメールの添付ファイルで受け取れるため外出先でのスマートフォンでの確認や直接個人の
メールアドレスで受け取ることが可能です。受信のFAX番号は、メールアドレスと同じように、
個別の番号が配布されます。紙での送受信と比較し、ペーパーレス化にも寄与いたします。

主な機能

PCで作成した書類を直接FAX送信

FAXの送信は原稿をメールに添付して送るだけ。

パソコン(PC)のメールでのFAXの送信手順

[最大1万件] リストを添付して多数の宛先へ一斉送信
通常のFAXの送受信のほかに、複数の宛先が入ったリスト(CSV形式)を添付することで、最大1万件までFAXを一斉に配信することができます。

PCで作成した書類を直接FAX送信

相手から送られてきたFAXを、メールの添付ファイルとして受け取れます。添付するファイルの形式は、お客様の利用環境に合わせてPDFもしくはTIFFを選択できます。

大規模導入でも管理が容易

Fax2Mailは専用の管理者ページでFAX番号の管理ができるため組織の変更や、従業員の増減など部門単位、グループ単位、プロジェクト単位、個人単位、あるいはキャンペーン用など簡単にFAXの管理ができます。

セキュリティ対策 & 管理機能

企業向けに作りこまれた他サービスには無い管理機能があります。 ユーザーの送信FAXの管理はもちろん、受信拒否FAX番号の設定やセキュリティ強化に適した、PDFファイルで受信したFAX原稿のパスワード設定など豊富な機能をそろえています。

導入メリット

課題 送信 受信
低業務効率 ・システム連携や、メールからの送信可能な多数の送信手段を提供・圧倒的な通信回線数により送信待ちをなくし業務効率も向上・一度に大量の送信も可能 ・FAXの受信確認は自席で可能・データとして受信するので加工も容易・社外でもメールでFAXの受信が可能
情報漏えい
機会損失
ヒューマンエラー
・システムに組み込むことにより、異なる宛先への送信ミスを低減・再送信の設定が可能で、送信結果もメールで確認可能 ・FAX番号1つでも複数同時受信が可能・受信FAXはデータとしてメール添付されるか、そのままシステムに組み込む事が可能・オフィス停電時でも問題なく送受信が可能
高コスト ・メンテナンスフリー・必要に応じて印刷できるので消耗品のコストも大幅低減・インターネット(クラウド)サービスなので電気代も大幅低減・新しい回線(FAX番号)も低コストで追加が可能
ペーパレス化 ・必要な時だけ印刷・再送信時も紙は不要 ・紙で出力されない